メニュー
お問い合わせフォーム

植物性乳酸菌醗酵エキス | バイオアイ株式会社

植物性乳酸菌醗酵エキス

すべては腸内環境から

現代の日本人の食事は、非常に乱れており、特に以前と比べて肉類の摂取量が多く、高タンパク質食になっています。腸内で分解しきれなかったタンパク質は有害菌のエサとなり、有害菌の増殖を助長します。
また、腸内環境が損なわれることで、アレルギー発症や、免疫低下、肌荒れ、肝機能の低下など、私たちの健康にさまざまな弊害が起こります。

腸内環境と病気

腸の中ではさまざまな菌が絶えず増殖を続けています。腸内細菌は大きく分けて「有用菌」「有害菌」「日和見菌」の3つに分けられますが、その構成は食習慣や生活によって、一人ひとり異なります。
バランスの悪い食生活やストレス、抗生物質の服用などが続くと腸内細菌のバランスが悪くなり、病気の一因となります。
腸内の有害菌が増えると、有害物質を出し続けます。それらは血管やリンパ管に送り込まれ、血液やリンパ液を汚して全身を巡ります。
また解毒処理を行う肝臓にも運ばれ、肝臓の負担はどんどん増えていきます。健康を維持するために、有用菌を増やし、腸内環境を整えることが大切です。

発酵食品と植物醗酵エキス

味噌、しょうゆ、納豆、ぬか漬けや日本酒など、日本には古くから伝統的な発酵技術で作られた多くの発酵食品があり、発酵食品の味は日本人の味覚の元とも言われています。
食品は発酵することで、もとの素材より栄養価や味の風味が増したり、保存性が高まったり、身体の免疫力を高めるといわれており、私達の健康維持のためには欠かせないものです。
また、発酵食品に含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌の活動を促進させ、悪玉菌の繁殖を防ぎます。
植物発酵エキスは、野菜や果物、大豆、海藻など多種類の植物性原材料を、長期熟成発酵させ、製造されています。
気温や湿度も考えられた環境下で、自然の力を最大限に引き出して生まれる植物発酵エキスは、まさに日本の伝統を引き継いだ自然の恵みといえるでしょう。


腸内フローラ

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついており、それらを腸内細菌といいます。
その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。
特に回腸から大腸にかけては、多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。
この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑のように見えることから、「腸内フローラ」(腸内細菌叢)と呼ばれています。
「腸内フローラ」の様相、つまり腸内に生息している細菌の種類は、人それぞれ異なります。また、「腸内フローラ」の状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとは、腸内フローラのバランスを整え、健康によい作用をもたらす生きた微生物のことです。代表的なものに、ビフィズス菌や乳酸菌があります。
また、腸内の善玉菌の増殖を促し、腸内フローラのバランスを整える成分をプレバイオティクスといいます。オリゴ糖や食物繊維などが代表的なものですが、これらのプレバイオティクスはプロバイオティクスの餌となって、その働きを助けます。
腸内環境を整えるには、プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に取ることが、非常に効果的です。植物発酵エキスには、この両方の成分が豊富に含まれています。

長期熟成発酵にこだわる理由 バイオジェニックス

バイオジェニクスとは、腸内で微生物が行う分解・発酵を、人体の外で行い、生産された有用物質のことを言います。代表的なものが、乳酸菌生産物質です。バイオジェニックスを取ることで、腸は腸内環境の状況に左右されず、体に良く、安定化した有用物質を直接得ることができます。
植物発酵エキスの素材は、生の野菜や果物です。天然の乳酸菌や酵母菌が付着しており、それぞれの素材固有の菌が生存競争を繰り広げ、その過程で多くの代謝物質を生み出します。
これらの代謝物質は、長期発酵でなければ得られないものです。
わたしたちが、手間暇かかる長期熟成発酵にこだわる理由は、ここにあります。


植物発酵エキスには3つの成分が含まれている

このように、長期熟成発酵で製造している植物発酵エキスには、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスの3つの成分が含まれています。
植物発酵エキスは、腸内環境を整え、みなさまの毎日の健康維持を効果的にサポートする究極の天然素材です。

原材料名 生産国 包装 素材数 発酵年数
バイオフローラ75原液 日本 20㎏ 75 3年
バイオフローラFD末 日本 1kg 75 3年
バイオフローラドリンク用 日本 20kg 18 1年
バイオフローラ24 日本 30kg 24 5年