メニュー
お問い合わせフォーム

沖縄原料 | バイオアイ株式会社

沖縄原料

沖縄島野菜

沖縄島野菜とは、健康長寿県として注目される沖縄において戦前から導入され、伝統的に食されてきた地域固有の野菜です。沖縄県内では「島野菜」と呼ばれ、親しまれています。「伝統的農産物」は「島野菜」と呼ばれています。
沖縄島野菜28種粉末には、沖縄の太陽をいっぱい浴びた栄養豊富な28種類もの島野菜がブレンドされています。健康や美容に、青汁原料としても最適です。

伝統的農産物「島野菜」の条件としては、以下のようなものがあげられます。

1.戦前から食されている
現在の食生活に定着している、または中高年の世代が幼少の頃に食べていた食材として認識されるものです。

2.郷土料理に利用されている
通常の家庭料理において比較的口にするものから、料亭などで提供されるものまで幅広く含みます。

3.沖縄の気候・風土に適している
小規模生産から家庭菜園まで広く栽培されているもので、場合によっては山野菜であったり、野草的な品目も含まれます。

このような定義に加えて、沖縄県のもつ健康長寿県というイメージから、実際にその機能性などが注目されており、今後の研究成果が期待されています。

28種類の沖縄島野菜

ノビル カンダバー ウンチェー クワンソウ
イーチョーバー シブイ サクナ フーロー豆
ニガナ 葉ニンニク ゴーヤー 野菜パパイヤ
ハンダマ モーウイ フーチバー ヤマン
紅イモ タイモ 島ニンジン 島カボチャ
チシャナバー シマナー シカクマメ ナーベーラー
ンスナバー オオタニワタリ 島ダイコン 島ラッキョウ