メニュー
お問い合わせフォーム

マロンポリフェノール | バイオアイ株式会社

マロンポリフェノール

マロンポリフェノールとは

マロンポリフェノールとは、和栗の渋皮に含まれるポリフェノールで、糖質(炭水化物)を二糖類に分解する酵素を阻害する働きがあり、体内の血糖値上昇を抑える食品素材として注目されています。

血糖値上昇と脂肪蓄積のメカニズム

食後、血糖値が急激に上昇し、筋肉や細胞ですぐに消費できずに余ったエネルギー(糖分)が中性脂肪に変換されて蓄積されます。つまり、血糖値の上昇を抑えれば、結果として脂肪の蓄積を抑えることにつながります。

マロンポリフェノールでダイエットサポート

炭水化物は糖質が多く、血糖値も上昇しやす食品です。ダイエットといえば、炭水化物を制限することも多く、空腹感がつきまといます。また、ごはんや麺類が好きな方は炭水化物を制限することが難しいため、結果的には長続きしなくなります。
マロンポリフェノールを摂取すれば、従来通りの炭水化物の摂取量で、血糖値の上昇を抑制することができるため、スムーズなダイエットのサポートとしての効果が期待できます。
血糖値の上昇を抑制することから、糖尿病予防や、治療への応用も可能です。

確かなエビデンス及び論文

マロンポリフェノールは、愛媛大学との共同研究により、開発された原料です。そのため、確かなデータやエビデンス、論文があり、安心して使用できる食品素材です。